HOME  > 一般社団法人設立手続き  > 一般社団法人の定款

一般社団法人の定款について

一般社団法人の具体的な設立手続きにおいて、最初に行うべきことは、「定款」を作成することです。

「定款」とは、名称や住所、目的などといった基本的な事項、また組織や意思決定方法などの法人運営上の事項など、その法人にとって重要な事項を定めたものです。

一般社団法人 定款への記載事項

一般社団法人の定款には,次の1から7までに掲げる事項を記載(記録)しなければならないこととされています。

  1. 目的
  2. 名称
  3. 主たる事務所の所在地
  4. 設立時社員の氏名又は名称及び住所
  5. 社員の資格の得喪に関する規定
  6. 公告方法
  7. 事業年度

定款は最低限、上記について記載してあれば法律的には有効ですが、実際は理事会を置いた場合は理事会の規定を設置したりと、必要に応じて必要な事項を加えて完成させます。必須事項以外について定款で何も定めなかった場合には、その事項については、法律の規定に従うこととなります。

また、次の1から3までの事項は,一般社団法人の定款に記載(記録)しても効力を有しないこととされており,また,これ以外の定めについても,強行法規や公序良俗に反する定款の定めが無効となる場合があります。

  1. 一般社団法人の社員に剰余金又は残余財産の分配を受ける権利を与える旨の定款の定め
  2. 法の規定により社員総会の決議を必要とする事項について,理事,理事会その他の社員総会以外の機関が決定することができることを内容とする定款の定め
  3. 社員総会において決議をする事項の全部につき社員が議決権を行使することができない旨の定款の定め

なお、定款には設立時の社員全員が署名または記名押印をすることになります。

また、定款が作成できたら、公証役場に定款の認証を受けることになります。

行政書士法人A.I.ファーストでは、それぞれのお客様のご要望にあわせた一般社団法人設立のお手伝いを行っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-6680-0097
フォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
サービスのお申し込みは
サービスお申し込みフォーム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-6680-0097
サービスお申し込みフォーム

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

<<一般社団法人 設立の流れ、ポイント 一般社団法人の登記>>

メールマガジン配信中

一般社団法人 設立、運営、公益社団法人化、任意団体の一般社団化等のお手伝い
Copyright(C)2008-2014.一般社団法人 設立.com. All Rights Reserved.