HOME > 一般社団法人設立後、公益社団法人化を検討されている法人様へ  > 一般社団法人から公益認定をうけ公益社団法人になるためには

一般社団法人から公益認定をうけ公益社団法人になるためには

一般社団法人から公益社団法人へのステップを検討されている法人様へ

一般社団法人設立後、公益社団法人を目指す場合は、一般社団法人設立後、公益認定を受け、認定を受けると公益社団法人となることができます。認定の申請は、内閣総理大臣又は都道府県知事に対して行うことになります。

公益社団法人になるためのプロセス

一般社団法人
(法務局での手続だけで設立できるが、公益性は担保されない)
一般社団法人設立後、公益認定を受ける
一般社団法人から公益社団法人になる
(公益性が担保される)

公益社団法人になるためには、公益認定を受けるための基準である、公益認定基準をまずすべてクリアする必要があります。

公益認定基準は

  1. 法人の目的、事業の性質、内容に関するもの
  2. 法人の財務に関するもの
  3. 法人の機関に関するもの
  4. 法人の財産に関するもの

など、様々な角度からの基準がありますので、公益社団法人を目指す場合は、公益認定基準をクリアできるようにじっくり取り組んでいく必要があります。

また、一般社団法人設立時から公益社団法人を目指す場合は、一般社団法人設立時から法人の目的、機関設計などについて、公益認定基準にあわせた形で設立の手続きを進めていくとよいでしょう。

行政書士法人A.I.ファーストでは、公益社団法人設立を前提とした一般社団法人設立のお手伝いも承っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-6680-0097
フォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
サービスのお申し込みは
サービスお申し込みフォーム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-6680-0097
サービスお申し込みフォーム

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

<<一般社団法人設立後、公益社団法人化を検討されている法人様へ

メールマガジン配信中

一般社団法人 設立、運営、公益社団法人化、任意団体の一般社団化等のお手伝い
Copyright(C)2008-2014.一般社団法人 設立.com. All Rights Reserved.