HOME > 一般社団法人設立を検討されている方、団体様へ  > 一般社団法人の理事、監事、社員

一般社団法人の社員、理事、監事について

一般社団法人を設立するためには、一般社団法人のメンバーである、社員・理事・監事等の役割と、どのように社員や理事を設置し、一般社団法人を設立することができるのかについて、検討する必要があります。ここでは、一般社団法人の理事、社員、監事などの役割と、設立にあたっては、どのように社員、理事、監事等を設置するのか(機関設計について)まとめました。

一般社団法人の社員

社員とは意思決定機関の「社員総会」で議決権を行使することができる者のことをいいます。会社でいうところの株主に該当します。一般社団法人は、2人以上の社員を必ず置く必要があります。

社員総会は、一般社団法人の組織、運営、管理、その他一般社団法人に関する一切の事項について決議をすることができます。

なお、理事会を置いた場合は、一般社団法人は、法律や定款で定めた事項に限り決議をすることができるようになります。

社員総会

社員総会は、年に一度必ず行う必要があります。総会において、一般社団法人の運営や組織に関する重要事項を決定します。

理事

理事とは、会社でいうところの取締役の立場で、一般社団法人の業務の執行する役割を果たす者のことを言います。一般社団法人には、一人以上の理事をおかなければなりません。なお、理事会を設置する一般社団法人の場合は、必ず理事は3人以上置かなければなりません。

理事は、原則代表権を持ちますが、代表理事を定めた場合は、代表理事が代表権を持つことになります。

理事会

理事会を設置する場合は、理事の最低人数は、3名となります。また、代表理事を1名以上置くことができます。一般社団法人の理事会は,すべての理事で組織され,法人の業務執行の決定,理事の職務の執行の監督,代表理事の選定及び解職等を行うこととされています。

監事

監事とは、株式会社の監査役に相当し、理事の業務状況を監査する、言わば一般社団法人のお目付役のような存在です。理事会を設置する一般社団法人には、必ず監事を1名以上置かなければならず、またその旨を定款で定める必要があります。

一般社団法人の役員について

理事と監事が一般社団法人の役員になります。この役員の任期は、理事が2年、監事が4年(短縮可能)になります。

一般社団法人の機関について

一般社団法人を設立するにあたっては法人の機関として、最低限、社員2人と理事を1人以上置く必要があります。

また,それ以外の機関として,定款の定めによって,理事会,監事又は会計監査人を置くことができます。理事会を設置する場合と会計監査人を設置する場合には,監事を必ず置かなければなりません。さらに,大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般社団法人をいいます。)は,会計監査人を置かなければなりません。

一般社団法人の機関設計をまとめると、次の(1)から(5)までの5通りとなります。

(1) 社員総会+理事
(2) 社員総会+理事+監事
(3) 社員総会+理事+監事+会計監査人
(4) 社員総会+理事+理事会+監事
(5) 社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人

行政書士法人A.I.ファーストでは、それぞれのお客様のご要望にあわせた一般社団法人設立のお手伝いを行っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
03-6680-0097
フォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
サービスのお申し込みは
サービスお申し込みフォーム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-6680-0097
サービスお申し込みフォーム

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
電話番号 03-6680-0097

<<一般社団法人のメリット,検討事項 一般社団法人の税制上の分類>>

メールマガジン配信中

一般社団法人 設立、運営、公益社団法人化、任意団体の一般社団化等のお手伝い
Copyright(C)2008-2014.一般社団法人 設立.com. All Rights Reserved.